2007日本GPの被害者立ち上がろう。

2007年9月28日29日30日、富士スピードウェイにて開催されたF1日本GP  多くの方が災害に遭遇しました。 一人の声は届かないかもしれませんが みんなの声を裁判所へ持ち込みましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地獄の壱丁目

9月30日 須走A駐車場
車の外はかなり激しい雨、昨夜バス待ちで疲れ切ったのか
車中で一緒に寝た息子くんはまったく起きる気配が無い
まだ時間も早かったし、雨を凌ぐ場所もサーキットには無い為
しばらく車で待機、バス乗り場には既に行列が出来ていたが
サーキットへ向っても何の楽しみもなさそうだと勝手に諦めた。

鈴鹿と比較してはいけないと思うが
鈴鹿だと目が覚めるとすぐにサーキットへ向いたくなり
GP決勝当日のワクワク感でいっぱいなのですが
そんな気分にまったくなれず車内のテレビを見ながら過しました。
ここから気分が違ったんですよねー
雨の影響?そんな事は無いと思います。
鈴鹿だったら雨は雨なりの楽しみ方があるから・・・

その日の決勝を心待ちにしていた中学生の息子くんも
F1開催前1週間の様子からかなりトーンダウン
朝食を食べながら話の中で「何か元気ないじゃん」
「ずっと楽しみにしてたのに・・・やっぱ雨はいやか?
歩くの疲れたのか?」そう問い掛けると
「レースなんだから雨は仕方ないよ、それぐらい僕にも理解できるけど」
「今日は決勝で楽しみだけど、それ以上に帰りの不安が大きい」
「昨日の状況だと恐らく今日はもっと混雑するだろうから」
「考えるだけでゾッとするから、凄いゆうつなんだよね」と
成長したのか生意気なのか解からんけど
凄く納得できただけに何も言えなかったです。

FSW開催のF1、私も雨は十分予想していたけど
あれほど雨を凌ぐ場所が無い事は想定外
予算的問題なのか客の事など何にも考えてなかったのか
鈴鹿だと常設テントの大きな屋根があるフードコートが数ヶ所あったり
カフェテラスがあったりと、またまた鈴鹿と比較してしまう
あんなテントでもあれば多少高いコーヒーでも、休憩しながら
飲むのだろうけど、お金を払う時点で雨に濡れながらなんて
買いたいとも思わないです。

テント計画を充実させ、イベント広場導線計画は最初から
考え直さなければ厳しいかなーと思いました。

そして決勝のイベントに間に合うようにとシャトルバスでFSWへ移動
流石に決勝当日バスに乗るまで40分ぐらいの行列に並んでしまった。
とにかくバス乗り場のアルバイトくんも昨夜の色々なトラブルで
疲れてるのか仕事の進め方もダラダラと切れが無い
かなり行列が出来てるのに係員は乗り場に2人最後尾に1人
昨夜の西バス乗り場よりましかと思って見てたけど
係員詰所内にはそれ以上の人数が携帯電話いじって休憩中
一日の中でその時間が一番忙しいだろうからそんな時ぐらい
総出で働けばその後が楽だろうに・・・
この辺の指導から出来てなかったのであろう。。

かなり並んだ事もあって、私も息子も楽しみにしてた
ドライバーパレードに間に合わず(>_<)
以前オーストラリアのGPでは見た事があって素晴しかった
ブルーインパルス飛行も日本GP初と言う披露で
期待してたけど雨で中止

オイオイ、何もかもが中止って決勝は大丈夫か?
そんな事を思いながら指定席へ向っていたのだけど
西ゲートから最終コーナー付近の坂を登った辺りで
歩行者渋滞、VIP専用道路と化した通路にも高級車が並んで
何故か左近ママが歩行者に手を振っている
しかし歩行者渋滞のイライラなのかそんな光景も無視
でも左近ママ誰も見てないのに誰に向って笑顔を振り撒き
手を振っていたのだろう・・・(謎爆)

少しずつ進んで歩行者渋滞の原因が解かった
ダンロップブリッジを越えた所のパドック入口の通路
パドックへ向う車と歩行者の大行列がぶつかって
警備員さんも高級車優先とばかりに歩行者を止めてしまうので
どんどんそこに人が溜まって身動き出来ないような
状況になってしまうのです。

その時、ある男性が切れた
オイ!警備員!!少し歩行者通さなきゃ後から
ドンドン人が押して将棋倒しになるぞ!!!
ちょっとは考えて誘導しろ!!!!


確かにもっともな話である。

その直後私は警備員の言葉に耳を疑ってしまった。
えぇーと、ここはゲスト優先となっておりますので・・・
まさかの反論、言ってはいけない一言だったが
すぐそばに居た私もプチ切れ
ゲスト優先ってここに並んでる歩行者すべてゲストじゃねーのかよ
そして警備員は反省も無くシャーシャーと
あ、あ、VIPでしたVIP、ここはVIP優先なんですよお客さん
何を言っても少しヨボヨボの警備員さんじゃ orz..
恐らくそんな指示が上から出てるのだろうと感じた
ゲストやVIPなんて使い慣れない言葉だろうし
そこで暴動が起こらなかった事は
そこに居たゲスト達に感謝するべきだろう。.

またまた鈴鹿と比較してはいけないが
コース脇の道路環境から絶対FSWの方が歩行者にとって
歩き易く混雑もないだろうと決め込んでたFSWの高評価点が
運営管理側の人災によって崩壊してしまった・・・

そして何とかスタートには間に合ったけど普段の数倍疲れる
道程だった事は間違いないようだ・・・

次回地獄の2丁目編へ続く。。。。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年10月19日(Fri)19:13 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年10月19日(Fri)19:12 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。