2007日本GPの被害者立ち上がろう。

2007年9月28日29日30日、富士スピードウェイにて開催されたF1日本GP  多くの方が災害に遭遇しました。 一人の声は届かないかもしれませんが みんなの声を裁判所へ持ち込みましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

集団訴訟参加を検討中の皆様

以前ENTRYした記事にて
訴訟対象者を限定させて頂いておりましたが

今回訴訟を引き受けて頂く弁護士さまと協議した結果
訴訟対象者を限定せず幅広く訴訟参加者を募っていく
方向で訴訟を検討しております。

大きな被害枠として
29日バス待ち被害者
30日バス待ち被害者
運営不手際による被害者(C席払い戻し対象者も含む)

バス運行の不手際によりイベント※をまともに観戦出来なかった。

※入場チケットをお持ちの方にはそれぞれのチケットに置いて
GP期間中の有効な公式イベントすべて観戦権利がありますので
人それぞれ参加したかったイベントの価値観が違うと思います。
決勝が観戦できたからOKと言うものではありません。

長時間のバス待ちで体調を崩された方
運営の不手際で予選・決勝・関連イベントが観戦出来なかった方
(C席の払い戻しにご不満をお持ちの方も可)
二次交通に間に合わず金銭被害が発生してしまった方など
長時間シャトルバスを待たされた方の被害などが中心の対象で
参加者を募って行きます。

以前の記事で訴訟参加を見送られた方がいらっしゃいましたら
是非、参加を再検討頂きますようお願い申し上げます。

但し、飲食物が高額だった等の被害は対象に出来ないと思います。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。